スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡のリンゴ(石川拓治)

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
石川 拓治 NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班
幻冬舎
売り上げランキング: 1089


■感想
 ごく普通のリンゴ農家である木村さんは、ある日本屋でたまたま手に取った本で、無農薬農業に出会い、何気ない気持ちで、無農薬リンゴ栽培に取り組むこととなる。しかし、無農薬リンゴ栽培は非常に困難を伴い、生活は困窮し、周りからは非難され、リンゴの樹は次々に枯れていく。とことん追い詰められる木村さんが、いよいよあきらめかけたそのときにやって、初めて自分に足りなかったモノに気づく。

 ドラマのように進行する物語も非常に面白いが、その内容とともに本著の魅力となっているのが、文間から漂う木村さんの魅力だろう。大きな困難にぶつかってもあきらめずにまっすぐ夢に向かい、苦労の多い人生を歩んできたのにもかかわらず、人生をかたるその言葉にはどこか愛嬌がある。

 農業というのは大変な仕事であることは良く分かったが、その一方で、自分の努力がすぐに目に見える形で分かる仕事って良いなって思った。きっと、苦労して育てた農作物が豊かな実りを結ぶというのは、他の仕事ではなかなか味わうことのできない達成感を与えてくれるのではないかと思う。農業の魅力をまっすぐに伝えてくれる本だと思った。
スポンサーサイト

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

konoo

Author:konoo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。