スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新参者(東野圭吾)

新参者
新参者
posted with amazlet at 10.06.02
東野 圭吾
講談社 (2009-09-18)
売り上げランキング: 258


■目次

煎餅屋の娘
料亭の小僧
瀬戸物屋の嫁
時計屋の犬
洋菓子屋の店員
翻訳家の友
清掃屋の社長
民芸品屋の客
日本橋の刑事



■感想
 「このミステリーがすごい!2010」1位、「2010年本屋大賞」9位を受賞した本書。また本書は、ドラマ化も決まり、非常に注目を集めていることから、前から気になっていた。

 物語の舞台は、日本橋。町の片隅で起こった殺人事件の真相を、探偵加賀恭一郎が追いかける。
赤い指を読んでいる方は、探偵加賀恭一郎が再登場し活躍する様を、楽しめるだろう。

 奇抜なトリックや犯人が追い詰められるなどの、派手な山場はないが、犯人・被害者を取り巻く人々の心情を、細やかに語るストーリーの展開で、一種ほのぼのとした雰囲気で、物語は進行する。

 また、それぞれの関係者からの視点から語られる小ストーリーが折り重なって、一つの大きな物語となるこの手法は、宮部みゆきの「長い長い物語」を思い出させた。このようなストーリーの展開は、長編小説と短編小説のそれぞれの長所が活きてくるのであろう。短編小説にちりばめられた小さな伏線が活きてきて、魅力的なストーリー構成になっている。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

西の魔女が死んだ(梨木 香歩)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)
梨木 香歩
新潮社
売り上げランキング: 2527


■目次

西の魔女が死んだ
渡りの一日



■感想
 映画化もされ、またamazonの評価も非常に高かった小説「西の魔女が死んだ」。

 いじめにあっていた主人公まいは、登校拒否となってしまう。そのことを心配した母は、まいをおばあちゃんに預ける。そして、まいは、おばあちゃんの家で、しばらく過ごすこととなる。

 昔ながらの、単調で自然にあふれた生活を過ごすおばあちゃん。突然やってきた主人公を、何も言わず、黙って受け入れてくれるおばあちゃん。毎日の生活は、野いちごでジャムを作ったり、鶏の世話をしたり、足ふみで洗濯をしたり。田舎のゆったりとした時間の流れが伝わってくるようで、まるでスタジオジブリの「となりのトトロ」を彷彿とさせる、のどかでゆるやかな雰囲気に包まれる。

 また、物語の中には、一つの大きな謎があり、読み進める中でずっと気になっていた。この謎が、物語の最後の最後に解き明かされる時が、あっと言わせる展開で、爽快な気持ちにさせてくれた。

 私が小学生だったころに、こんなおばあちゃんがいたら良いな、と思わせるような、とても情感に富んだ雰囲気のある小説でした。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ガリレオの苦悩(東野 圭吾)

ガリレオの苦悩
ガリレオの苦悩
posted with amazlet at 10.05.15
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 20008


■目次

第一章 落下る おちる
第二章 操縦る あやつる
第三章 密室る とじる
第四章 指標す しめす
第五章 攪乱す みだす



■感想
「容疑者Xの献身」で一躍有名になった、探偵ガリレオシリーズの4作目。
第1作と同様、短編小説のかたちをとっており、物語がテンポ良く進み、手軽に楽しめた。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

konoo

Author:konoo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。