スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリー~〈無料〉からお金を生み出す新戦略(クリス・アンダーソン)

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
クリス・アンダーソン
日本放送出版協会
売り上げランキング: 41


■目次

プロローグ
第1章 フリーの誕生
第2章 「フリー」入門
第3章 フリーの歴史
第4章 フリーの心理学
第5章 安すぎて気にならない
第6章 「情報はフリーになりたがる」
第7章 フリーと競争する
第8章 非貨幣経済化
第9章 新しいメディアのビジネスモデル
第10章 無料経済はどのくらいの規模なのか?
第11章 ゼロの経済学
第12章 非貨幣経済
第13章 (ときには)ムダもいい
第14章 フリー・ワールド
第15章 潤沢さを想像する
第16章 お金を払わなければ価値のあるものは手に入れられない



■感想

本書を最初に知ったのは、どこかのニュースサイトであったと思う。
本書が販売されるのと同時に、電子ファイルを無料で配布したとかで評判になっていた。
最初は、もしかするとただ奇抜なキャンペーンを行っただけで注目を集めている本なのかなーと思っていました、すいません。
いやー、でも本書を読み終えた今は、ホントに読んでよかったと思う。

現在、私たちを取り巻くインターネットには、フリーのものが多数存在する。
ニュースサイトのニュース情報や、YouTubeの動画・音楽情報、あるいは違法にコピーされた海賊版やP2Pでのファイル交換など。
このようなたくさんの無料に囲まれた環境の中でも、Googleなどに代表される、収益を上げる企業はたくさんある。
それらはいったいどのようにして収益を上げているのか、どうすれば今後企業が成長していけるのか、ずっと疑問を持っていた。
本書が多くの注目を浴び、実際に売れていることを思うと、きっとこのような疑問は、世間の多くの人が感じていたことなのであろう。

著者のクリス・アンダーソンは、無料化のながれは不可避であると考える。
デジタルのものはコピーが容易であるため、コストがほとんどゼロであり大量に生産できる。
そのため、過剰な供給を招き、その結果価格はコストぎりぎりまで下がる。
その結果、最終的には無料化へと続く。
確かに、他の業界とは比べ物にならないほど急速に無料化が進んだ背景は、このようなデジタルならではの特徴が原因であるというクリス・アンダーソンの主張は、良く分かる。

だが、デジタルは必然的に無料に向かうと面と向かって言われてしまうと、私なんかは、「じゃあ収益を上げることはできないじゃないか」と考えてしまう。
それに対して、無料化をうまく利用すると、こういう収益化へつなげることができると提案できる著者は、ホントすごいと思う。
無料化を利用した収益化については、大きく4つの方法を提案しているが、特に面白いのは、フリーミアムの考え方であろう。

人は少しでもお金がかかることには躊躇するが、無料である場合は気軽に試してくれる。
またデジタルはコピーがほぼコストゼロでできるため、無料化するために必要なコストがほとんどかからない。
したがって、無料化によって、これまでになく多くの人に、デジタルになってはじめて、ものを届けることができるようになった。
一方、人にはさまざまなニーズがある。
より楽をしたいとか、品質の高いものがほしいであるとか、あるいは、安全性を確保したいなど。
そのような人に対して、ニーズを満たす有料版を提供できれば、お客は喜んでお金を払うだろう。
もし有料版を利用する人が5%に満たないとしても、無料化により過剰に供給することが可能となったため、無料化により50倍や100倍の人に供給することが可能である。

クリス・アンダーソンが主張するように、無料化は敵ではなく、うまく利用することで、大きな利益が得られるものなのだと思う。
ただこの動きは、これまでとは大きく異なる動きであるので、これまでの経験が通じるものではない。
まったく新しいものとして、無料化を受け止める必要があることを、本著を読んで学べたことは非常に良かった。

本書者であるクリス・アンダーソンは、ロングテールという本も書いているらしい。
ぜひとも読んでみたい。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

konoo

Author:konoo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。